楽天銀行返済方法・インターネットからの返済

返済方法の中にはインターネットからの返済もあります。
楽天銀行はインターネット専業銀行になりますからあって当然ともいえる返済方法ですね。

 

金融機関の口座からインターネットバンキングとして返済していくことができます。
手数料は無料になります。
これにはいくつかの条件があるので確認しておきましょう。

 

まず、約定返済日の14日前までに約定返済額以上の返済をしたときには、「約定返済日の返済があった」とみなすということです。
例えば、毎月15日が返済日だとしましょう。
その14日前までになりますので、15日前の1日に本来の返済金額だった1万円を超す2万円を返済したとします。
その場合には前月分の返済に加算した繰り上げ返済として扱われます。
前14日間である4日に2万円返済したとしましょう。
これは15日の返済日の返済額として取り扱われます。
その点は少し細かなことになりますので確認をしておいた方がよいでしょう。

 

繰り上げ返済のつもりで入金したものではなくても繰り上げ返済となってしまえば、次の返済日には約定返済額を入金しなくてはなりません。
資金に余裕があるのであれば問題ありませんが、ぎりぎりの中から返済したのであればまた新たに返済額を用意するのは困難なこともあります。
この「前14日間」という日にちは覚えておきたほうがよいでしょう。
意外にも困ったことになりかねない期間になります。
返済できないということになれば遅延損害金がかかってしまいます。お金の増額を希望であれば、バンクイック増額審査などについてもチェックしてみましょう。

遅延損害金は払いたくない!プロミスの返済お知らせメールを活用しよう

返済日から遅れてしまうと、当然のことながら遅延損害金が発生します。
プロミスの遅延損害金利は20.0%になりますが、これは元金と通常の利息以外にかかる金利となりますのでかなりの大きな金額を返済していかなくてはならないこととなります。

 

利息の計算方法をおさらいしておきましょう。
借入残高×金利17.8%÷365日×返済までの日数30日
返済期間は一か月と考えると30日の返済で計算することができます。

 

50万円の借り入れで30日間の利息がいくらになるのか計算していきましょう。
ひと月の利息は7,315円となります。
これに元金がありますので支払う金額は大きくなるというもの。
それでは7日間遅延した時には遅延損害金利がいくらになるのかと言えばこの同じ計算方式で金利の部分に遅延損害金利の20.0%で計算することができます。
1,917円、これが7日分の遅延損害金となります。
利息と遅延損害金利を足すと9,232円。
元金のほかにこれだけの金額を支払っていくこととなります。
そうなるとかなりの大きな金額を使うこととなってしまいます。

 

そうならないためにも返済を遅れない、忘れないようにしなくてはなりません。
プロミスの会員サービスには返済日をお知らせするメールを登録することができる機能があります。
自分が指定した日時に毎月メールを送るというもの。
返済日を知らせてもらえれば遅延の可能性も低くなってきます。
確実に返済をして遅延損害金を払うことの無いようにしていきましょう。

 

カードローン審査結果に合格するために【保存版】など参考にしてみましょう。

即日融資を申し込んで、振込を受け取る方法

ここでは、即日融資を申し込んだ後、カードローン会社に振込依頼をする方法について見て行く事にしましょう。カードローン会社と言っても、銀行カードローンや信販会社のカードローン、モビットやアイフル、プロミスやアコムのような消費者金融系のカードローン会社など様々なものがあります。

 

今回は、消費者金融系のカードローン会社で即日融資を申し込む方法をご説明しましょう。まず、最初にカードローンの申し込みをします。インターネットや携帯、パソコン、郵送でももちろん構いません。即日融資を希望するのであれば、無人契約機を利用するようにしましょう。

 

無人契約機であれば、朝早くから夜遅い時間でも対応してくれます。その場でキャッシュカードを受け取る事が出来、契約書もその場で受け渡しが行われます。家族や周りの人に借入を知られたく無い方は、無人契約機なら見つかる事が殆ど無いでしょう…。

 

即日融資を受け取る場合、遅くとも20時?21時までには受付を済ませておく必要があります。それまでに、審査に可決されていれば当日の夜遅くまでキャッシングをする事も出来ます。一旦キャッシュカードを受け取っておけば、その後コンビニで遅い時間にキャッシングをする事も可能です。

 

とにかく、即日融資を受け取る為には、早い時間に申し込みを完結させておきましょう。もちろん、出掛ける前にインターネットで全てを申し込んでから、無人契約機で受け取りを行っても良いでしょう。

 


このページの先頭へ戻る